> ニュース > 業界ニュース

高強度ねじの標準部品は?

2023-02-18

1. ボルト: ヘッドとネジ (シリンダーの雄ネジ) によって、ファスナーのクラスの 2 つの部分は、貫通穴で 2 つの部分の接続を固定するために使用されるナットと連携する必要があります。この接続形態をボルト接続と呼びます。ボルトからナットをねじ込むと、2 つのパーツが分離する可能性があるため、ボルト接続は取り外し可能な接続です。


2. スタッド: 頭がなく、2 つの端のみが留め具のクラスの雄ねじです。接続するときは、一方の端を雌ねじ穴のある部品にねじ込み、もう一方の端を貫通穴のある部品に通してから、ナットにねじ込む必要があります。
2 つのパーツが結合されて全体を形成します。この形式の接続はスタッド接続として知られており、取り外し可能な接続でもあり、主に厚い厚さの乾式接続部品に使用され、コンパクトな構造を必要とするか、頻繁に分解されるため、ボルト接続には使用しないでください。
機会。


3. ネジ: 用途に応じて、頭とネジの 2 つのクラスの留め具によって、小ネジ、留めネジ、特殊ネジの 3 つのカテゴリに分けることができます。小ネジは、主にタイトなネジ穴部品に使用され、接続間の固定の貫通穴部品を使用し、ナットを必要とせずに使用されます(この形式の接続はネジ接続と呼ばれ、取り外し可能な接続にも属します; 缶ナットと一緒に使用することもできます。また、接続間の締結の貫通穴部品を使用します。) 固定ねじは、主に 2 つの部品間の相対位置を固定するために使用されます。部品の吊り上げには、吊り上げリングねじなどの専用ねじが使用されます。


4. ナット: 雌ねじ穴を備えた形状は、一般に平らな六角柱として示されます。また、平らな四角柱または平らな円筒形もあり、ボルト、スタッド、または小ねじを使用し、2 つの部品間に乾式締結接続を備えています。教育機関となる


5. セルフタッピングねじ: 機械ねじと同様に、ねじ山付きの特殊な白いタッピングねじ用のキャップ パターンにバー スクリューを使用し、乾式垂直固定で 2 つの教皇のジンヤ コンポーネントを接続し、全体になるように、コンポーネントをゼロにして小さなものにする事前に穴を開けて、このテントを乾かして
釘は硬度が高く、コンポーネントの穴に直接ねじ込むことができるため、コンポーネントは雌ねじへの応答を形成します。この接続形式は取り外し可能な接続でもあります


6.木ネジ:小ネジにも似ていますが、ネジのネジはリブ付きの特別な木製イヤリング釘用で、木製のコンポーネント(または部品)に直接適用でき、金の貫通穴で乾かします家(または非金の家)の部品と木製の部品をしっかりと
しっかりとしたつながりが生まれます。この接続も取り外し可能な接続です。


7. ホット コーナー: 形状は平らな円形で、メートル ファスナー、Kwik ドライ ボルト、ネジまたはキャップの母材の支持面と表面間の接続部品であり、接続部品の接触面を増やす役割を果たし、単位を減らします。表面と圧力を保護し、接続された乗数を保護します
表面に損傷はありません。別のタイプの弾性ワッシャーも、ナットの緩みを防ぐ役割を果たします。


8. リテーニング リング: 機械への取り付け用。シャフトの溝や穴の溝を装備し、部品のシャフトや穴が動き回るのを防ぐ役割を果たします。


9. ピン: 主に部品の位置決めに使用されますが、一部の部品は固定部品に接続したり、電力を伝達したり、他の留め具をロックしたりすることもできます。

10. リベット: 1 メートルの 2 つの部分の頭と釘棒をピースに密着させ、スルーホール (またはコンポーネント) を備えた 2 つの部分を乾式固定接続し、保存体になるようにします。この接続形式はリベット接続と呼ばれます。 、リベットと呼ばれる、で取り外しできません
この形式の接続は、リベット接続またはリベット接続と呼ばれ、一緒に接続された 2 つの部分を分離するには、リベットを可変部分で破壊する必要があるため、取り外しできません。


11. 部品の組み合わせと接続バイス: 部品の組み合わせとは、その種類の機械ねじ (またはボルト、ねじの供給以来) とフラット ホット リング (または弾丸矢印ホット リング、ロック ホット ラウンド) 供給の組み合わせ: 接続バイスは、重い種類の特別なキャップ ボルトをピックアップすることを指します

バイスを接続する高強度の大型六角ボルトを備えた鋼構造など、ナットとワッシャーを組み合わせたクラスのファスナーの供給


12. 苦しめられた釘: 乾いた軽い缶と釘の頭 (または釘の頭がない) によって m ファスナーで構成され、上の部分 (またはメンバー) に固定された彼を接続する性別接続方法で、他の部分と再び接続するために